スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるかん

陰陽五行 秋のお話

陰陽五行のお話し 秋

人体は肺と大腸で外界と接触しています。肺は空気の中の「清気」と言われるエネルギーの補給や体内の水分調節、ガス交換を呼吸によって行っています。大腸は体内で生じた有害物質を便として排泄し、また外界から入ってくる食物やバクテリアと接しています。外界と直接ふれる肺と大腸にはリンパ管が網の目のように張り巡らされ、リンパ管の中には数々の免疫細胞がいて、体の防御作用を担っています。肺と大腸は人体で最大の免疫器官と言っても良いでしょう。
肺の入り口である鼻の機能は肺と深く関係しており、肺のリンパ管が目詰まりを起こして流れが悪くなると、鼻から水漏れが起こります。これは水毒を抜くための体の反応で、鼻水・せき・痰・くしゃみ・喘息の発作などが出てきます。
大腸は水分を吸収して腎臓にまわし、再利用する働きをしています。大腸のリンパ管が老廃物で目詰まりすると水毒が溜まり、皮膚の汗腺を使って水と一緒に老廃物を排泄しようし湿疹などの皮膚炎がでます。肺は皮膚を支配し、体内の上皮のトラブル(口内炎、喘息、食道がん、胃潰瘍、便秘など)は大腸の疲れと関連しています。
「肺」が弱ると「悲しみ」となって表れます。「悲しみ」で泣く、鼻水が出る、ため息をつく、涙で胸がつまりむせび泣く。これは「呼吸」と「水分代謝」、「悲しみ」を「肺」が支配しているためです。「悲しみ」は「肝」に負担をかけ、自律神経が乱れます。明るい前向きな気持ちに変える努力をしましょう。「肺」を元気にしていくと自然にプラス思考になっていきます。
 気管支と類似する食べ物は蓮根、大腸と類似する食べ物は白い・長い・根の物である大根・長ネギ・玉ネギ・生姜・自然薯・里芋・くず・こんにゃくなどです。辛みは発汗作用を促し、水分代謝を良くしてくれますが、辛みの強い食べ物を常食しているとかえって大腸を弱め、皮膚炎は悪化します。スパイスよりも辛みのある野菜(大根・長ネギ・玉ネギ・生姜など)を摂るようにしましょう。きのこはリンパ系のトラブルを改善してくれます。醗酵食品は腸内環境を整えてくれます。
 宿便をとり大腸を整えてくれる「スリムドカン」「びっくりスタイル」、ビヒズス菌末で腸内環境整える「青汁酢」「ひざこし命」、水毒を抜く力のある冬中夏草の入った「毎日パワー」がおすすめ。特に植物醗酵抽出エキス・霊芝抽出エキスの入った「日漢酵素ボケ9」はおすすめです。
「肺」「大腸」を整えて、風邪の季節を乗り越えましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 健康で過ごすために
ジャンル : ヘルス・ダイエット

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ビッグリリー

Author:ビッグリリー
銀座まるかん特約店『ハピー工房リーリエ』です。
「銀座まるかん」商品
「生活の木」商品
「オーサワジャパン」商品
「玄米酵素」商品
茨城有機米、キラリボシ油(なたね新品種)も扱っています。
各地発送も承ります。お気軽にご連絡下さい。
《薬剤師、アロマテラピーインストラクター、ハーバルセラピスト》
《生活に木:ハンドメイドギルト手作り石鹸研究科終了》
《リマクッキングスクール:マクロビオティック料理教室師範科終了》
今まで勉強(インプット)してきた事を、今年からはアウトプットして行きます。ブログも新体験!
JR佐貫駅西口駅前です。お近くにお越しの際は是非お寄りください。
電話0297-65-8864

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。